パソコン基礎知識

パソコンの基本構成

こんな方におすすめ

  • パソコンって何なの?
  • パソコンを自分で選べるようになりたい!
  • パソコンの基本構成を知りたい!
  • 普段はスマホを使っているので、パソコンについても知りたい!

パソコンの知識が全くなくても心配しないください。

イラストを多用して解説します。

この記事を読むと、仮に全くのパソコン初心者であっても、

  • パソコンの基本構成
  • パソコンの主要3部品の役割

直感的に理解できます。

この記事でまずはパソコンの全容をイメージでつかんでください。

情報量が多くなり過ぎないようにしましたので、数分でお読みいただけると思います!

では、さっそく説明させていただきます。

パソコンの重要部品は主に3つ

パソコンには主要部品が3つあります。

イラストで説明します。

パソコンの基本重要部品は究極的には以下の3つだけです

(実際にはもう1つの部品「グラフィックボード」も重要ですが、ここでは気にしなくて大丈夫です)

部品名役割イラスト
CPU作業者(人)
メモリ作業場所(机)
HDDまたはSSDデータ保管場所(本棚)
パソコンの主要3部品の概要

(HDDとSSDの違いについては、今は気にしなくて大丈夫です)

このイメージを踏まえて実際のパソコンをイラストで示します。

パソコンの中身

実際のパソコンの中身は以下のようになっています。

パソコンの中身のイメージ

パソコンの中では、上のイラストのように

作業者(CPU)

本棚(HDDまたはSSD)から取り出した本(データ)を開いて

机(メモリ)の上で作業しています。

(パソコンが行う「作業」とは、「Youtubeの動画を表示すること」だったり、「ワード文書を動作させること」だったりします)

これがパソコンです!

デスクトップパソコンだろうとノートパソコンだろうと同じです。

この時点で読者の皆様は、パソコンのおおよそのイメージが直感的につかめたと思います。

さらにイラストを使って説明します。

次は、性能の悪いパソコンの例を挙げます。

CUPの性能が低いパソコン

CUPの性能が低いパソコンはこんな感じです。

CPUの性能が低いパソコンのイメージ

さらに例を挙げます。

メモリが足りないパソコン

メモリが足りないパソコンはこんな感じです。

メモリが足りないパソコンのイメージ

上の2つのような状態のパソコンは、いずれのパターンも作業がスムーズに進まず、パソコン全体としての性能が低くなります。

言い換えれば、

CPUの性能がよく(作業者の頭がよく)、メモリ容量が大きな(作業机が広い)パソコンを購入する方がよい

ということです。

これは、ある意味当たり前のことのように思えるかもしれません。

しかし、この記事の読者の皆様は、「何故CPUの性能が良いほうがいいのか」、そして「何故メモリ容量が大きい方がよいのか」をこの時点ではっきりとイメージできるようになっていると思います。

CPUの性能とメモリ容量は日進月歩ですが、この基本原理は、どれほどパソコンが進化しようと、今後も基本的には変わらないものだと思いますので、この記事の読者の方は、今この時点で既に、汎用性の高いパソコン基礎知識が得られているものと思います。

最後になりましたが、HDD及びSSD(データ保管場所)は、それぞれ「ハードディスクドライブ」、「ソリッドステートドライブ」の略称です。

HDDとSSDは、ストレージ(データ記憶装置)とも呼ばれます。

また、HDDやSSD(本棚)のことを「メモリ」と呼ぶ人がいますが、この表現は上のイラスト中のメモリ(机)と混同してトラブルの元になりますので、HDDやSSDのことを「メモリ」と呼ぶのは止めたほうがいいと思います。

メモリは、上のイラスト中の「作業机」を指す用語です。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

以下の記事ではHDDとSSDの違いについて説明しています。

併せて読んでいただくことで、さらにパソコンについての理解が深まります。

-パソコン基礎知識
-, , , ,