パソコン基礎知識

HDDとSSDの違い

こんな方におすすめ

  • HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の違いを知りたい!
  • HDDとSSDの速度や値段の違いを知りたい!

この記事では前の記事(パソコンの基本構成)の知識が必要になりますので、まだ読んでない方は先にお読みになってからこの記事に戻ってきてください。

関単におさらいしますと、

HDDとSSDはどちらもデータ(本)を保管する装置(本棚)です。

早速HDDとSSDの違いを説明します。

それでは最初にイラストでイメージを示します。

HDDとSSDのイメージ

以下に、HDDとSSDのイメージをイラストで示します。

HDDとSSDのイメージ

それでは次に、実際のパソコンの中でHDDとSSDがどのように動いているのかをイラストで示します。

次のイラストはデータ保管場所がHDDの場合です。

HDDの動作

HDDの動作の遅さ
HDDの動作の遅さ
HDDの動作の遅さ
HDDの動作の遅さ
HDDの動作の遅さ

HDDのイメージがつかめたと思います。

HDDの最大の特徴は、「データ(この例では「本」)を扱う速度が遅い!」ということです。

ちなみにHDDは動作音がします。

次にSSDの場合を示します。

SSDの動作

SSDの動作の速さ
SSDの動作の速さ

SSDのイメージがつかめたと思います。

SSDの最大の特徴は、「データ(この例では「本」)を扱う速度が速い!」ということです。

ちなみに動作音はほぼありません。

(もし、SSD搭載パソコンの内部から音がするとすれば、CPUファン(CPUを冷やす扇風機)などの音だと思われます)

以上のことから、「HDDは遅く、SSDは速い」ということが分かると思います。

データ(上のイラストの例では「本」)を扱う速度は、基本的にパソコン動作のすべてに影響します。

例えば、HDDを搭載したパソコンの起動時間(電源を入れてからパソコンが使用可能になるまでの時間)はとても長いです。

ワードやエクセルの文書を開いたり、保存したりするにしてもHDDは遅いです。

ちにみにHDDは衝撃にも弱いです。

このように書くと、「HDDを買うメリットなんてあるの?」と思われるかもしれません。

しかし、HDDにもメリットがあります。

HDDは容量当たりの価格が安いのです!

つまり、同じ100GBでも、HDDは安く、SSDは高いのです。

したがって、どうしても価格を抑制したい場合はHDD搭載パソコンを買うのも1つの手だと思います。

しかしながら、上のイラストに示しましたように、HDDはデータを扱う速度が遅く、パソコン動作が遅くなってイライラする可能性が高いので、可能であれば、頑張ってSSD搭載パソコンを購入する方がいいと思います。

HDDとSSDに関してもう少し詳しく説明します。

先ほど書きましたように、HDDのメリットはその安さです。一方でHDDのデータ取り扱い速度は遅いです。

これらのHDDの性質を合理的に利用できるのは「データのバックアップ用途」です。

つまり、「外付けのHDD(パソコンの内部に搭載されているものではなく、USBポートなどを介してパソコンの外部から接続するHDD)」なら購入メリットはあると思います。

バックアップ用途なら普段はあまり使用することはありませんから、大容量の安いHDDを買うことは、一つの合理的な選択だと思います。

但し、HDDは衝撃に弱いので、取り扱いには注意が必要です。

さらに、HDDとSSDのお話をさせてください。

(少し詳しい話になるので、読み飛ばしていただいてもかまいません)

先ほど、SSD搭載パソコン(SSDを内部に搭載するパソコン)がおすすめだと書きました。

理由はパソコン動作が速いからです。

一方で、パソコンの中には、HDDとSSDを両方搭載しているもの(つまり、データ記憶装置を2つ搭載しているもの)があります。

このような場合、メインのデータ記憶装置(Windowsなどのシステムファイルが保管される場所)がSSDで、もう1つのデータ記憶装置がHDDになっているはずです。

この種のパソコンは、システムファイルがSSD上にあるため、SSDの速さのメリットを享受できることから動作は速いです。

そして、普段よく使用するファイルはメインのデータ記憶装置(SSD)に置き、普段あまり使用しないファイルはサブのデータ記憶装置(HDD)に置くという使い方ができます。

この物理構成のパソコンは、外付けHDDがパソコン内部に搭載されているようなものと理解してもいいと思います。

つまり、SSDの強みである速さとHDDの強みである容量当たりの安さを組み合わせたパソコンだとも言えます。

このような物理構成のパソコンであれば、購入を検討する価値があるのではないかと思います。

まとめると、

HDDは、安いが動作は遅い!

SSDは、動作は速いが高価である!

ということです。

色々と解説しましたが、

正直、これだけ覚えておけば十分だと思います!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

以下の記事では、どのようなパソコンを購入すればよいかについて解説します。

併せて読んでいただくことで、ここで身に着けていただいた知識が、実際のパソコン購入に役立ちます。

-パソコン基礎知識
-, ,