パソコン便利技

マウスでの画面表示の拡大縮小

こんな方におすすめ

  • アプリ(エクセルやワードなど)で画面に表示されている⽂字や画像を拡大縮小したい︕
  • ネットの記事の⽂字や画像を拡大縮小したい︕

この記事では、マウス操作での画⾯表⽰の拡⼤縮⼩について説明します。

今回紹介するのは、簡単に画⾯表⽰を拡⼤縮⼩できる小技です。

この便利技の手順は極めてシンプルです!

文字や画像の拡大縮小は、

Ctrlキーを押しながらマウスのホイールを回転させるだけで行えます︕

拡⼤させたい場合は、Ctrlを押しながら、マウスホイールを奥側に回転させます。

(以下の例では、イラストを拡大させていますが、文書中やウェブページ中の文字や記号も同じ操作で拡大縮小できます)

マウスでの画像の拡大

縮小させたい場合は、Ctrlを押しながら、マウスホイールを手前側に回転させます。

マウスでの画像の縮小

今、この画⾯をパソコンで⾒ている⽅は、上記の操作を行ってみてください。

画⾯の拡⼤縮⼩が簡単に⾏えることを体験できます。

この技は、ブラウザ(chromeやedgeなど)上の表⽰だけでなく、多くのアプリ(例えば、エクセルやワード)にも適⽤可能ですので、覚えておくととても便利です。

また、実はこの技は、フォルダ内のファイル表⽰の変更にも適⽤できます。

特に、フォルダ内の画像ファイルのアイコン表示を変更するのにとても便利です。

拡大縮小の方法は同じです。

拡⼤させたい場合は、Ctrlを押しながら、マウスホイールを奥側に回転させます。

マウスでの画像ファイルのアイコンの拡大

縮小させたい場合は、Ctrlを押しながら、マウスホイールを手前側に回転させます。

マウスでの画像ファイルのアイコンの縮小

画像ファイル(jpg、pngなど)の中身を素早く確認するのにとても便利ですね!

今回の便利技の紹介はこれで終了です。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他の便利技についての記事も併せてお読みいただくと、パソコンスキルの向上に役立つと思います。

-パソコン便利技
-, , ,