パソコン便利技

直前の操作を繰り返す(F4は最強)

こんな方におすすめ

  • ファンクションキーはいくつもあるけど、一番便利なものだけ教えて!
  • ファンクションキーが多すぎてそれぞれの機能が覚えられない!
  • オフィス系アプリ(エクセル、ワード、パワーポイント)で面倒な操作を何度も繰り返したくない!

数あるファンクションキーの中で、この記事ではF4キーに絞って説明します。

F4キーの位置

まずは、以下のイラストにF4キーの位置を示します。

キーボード上のF4の位置

F4キーの機能

F4キーの機能は、

「直前の操作を繰り返す」

です。

とはいえ、そう言われても「具体的に、どういった場面でどのように使用するの?」と思う方も多いと思いますので、具体例を挙げて説明します。

F4キーの使用例

以下に紹介するF4による繰り返し操作は、別の操作を行うまでは、何度でも実行できます。

①エクセルでの使用例

・書式設定の繰り返し

セルの色変更の繰り返し
セル中の文字色の変更の繰り返し

・セルの結合または分割の繰り返し

セルの結合の繰り返し
結合セルの分割の繰り返し

・列または行の挿入または削除の繰り返し

列または行の挿入の繰り返し

②ワードでの使用例

・書式設定の繰り返し

文字を下付き/フォント変更の繰り返し

・図形や表の挿入の繰り返し

図形の挿入の繰り返し

・表の調整の繰り返し

表の調整の繰り返し

③パワーポイントでの使用例

・図形の書式設定の繰り返し

図形の線の幅の変更の繰り返し

ここまでに具体例をいくつか紹介してきましたが、これら以外にもF4が使用できる場面は多くあります。

「この操作は繰り返せるかな?」と思った時にF4キーを押してみると新たな発見があるかもしれません!

面倒な操作の繰り返しは、F4キーでやりましょう!

今回の記事はこれで終わりです!

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他の便利技についての記事も併せてお読みいただくと、パソコンスキルの向上に役立つと思います。

-パソコン便利技
-, ,